国際派GIRLsのディープな話

海外旅話や英語の勉強方法、国際恋愛!あらゆる角度から世界について赤裸々に語ります

#81【転職活動レポ】社会人2年目★日系不動産から外資系事務へ〜コロナ禍の転職活動必勝法〜

f:id:statue04liverty:20210626225425p:imageエリです!ご報告です、、!

私事ですが、、この度、転職することとなりました!次は、外資系事務のお仕事に就きます!

 

東北で日系の不動産会社に勤め1年ほど、ついに関東に戻ってNEW LIFE始めます!

 

実は社会人の1年目から、転職サイトに登録し、本格的な転職活動は転職先が決まる数ヶ月前から始めていました。かれこれ社会人生活1年経って、「そろそろ本格的に転職活動しようかな〜」

なんていう思いから。ですが、現実は甘くなく、色んな求人に約10件、軽〜い気持ちで個人的に応募はしていたんですが、全て書類選考落ちでした、、、。

 

とりあえず2年目に入ってすぐ、追加で数社の転職サイトに登録し、エージェントにも問い合わせ始め、電話面談をしてもらいました。

 

転職エージェントからは、20件〜30件応募して1件書類通過の連絡が来れば良い方と言われ、救われたものの、エージェントに頼らなかった転職活動の最初は、なかなか、真剣に書いた自己PRが通らないと、落ち込んでました、、(笑)

 

最初の自己流転職活動では、自分の理想に合致する求人を必死に探して、その1件に本気でかけて応募。律儀に、1件応募したら、その1件の結果を待って、落ちたら次また応募するっていう方法をとっていたんですが、それが" 大きな間違い" だったみたいです。

 

この方法だと時間は食うわ、気分は落ち込むわ、良いことなし!(汗)

 

エージェントに問い合わせてからは、言われるがまま、少しでも気になる企業はとりあえず" 応募 "!

 

応募に対する考えを変え、軽い気持ちで応募するようになりました。エージェントの方も実際に" 全然スナックつまみながら応募でいいですよ! "と言っていましたので(笑)

 

今となってはその言葉に納得。(笑)

 

アドバイス通り「100%合致するものを探して、転職活動をしない!」ということを意識しました。

なかなか、自分では最初、「英語を使いたい」かつ「専門的な職に就きたい」という思いから、最初に条件に当てはまる" 貿易事務 "ばかりに絞って見ていました。

 

しかし、なかなか自分に合致した条件の揃う求人が見つからず。まず「社会人経験が浅いこと」、「国際的な業務の経験がないこと」で応募必須条件に引っかかってしまい応募すらできませんでした。(条件満たしてないけど、試しに応募したところも全滅。(笑))

 

やっぱり、頼るべきものには頼って、プロの言葉には耳を傾けた方がいいんですね、、!(笑)

エージェントに登録してからは、結構スムーズに転職活動が進み、、、

 

言われるがまま、自己PRを含む、職務経歴書やら履歴書やらを作成。

テンプレートを用いての作成は、自分で1から作成するより数倍時短で、数倍良いものができました(笑)

 

ちなみに私は転職エージェント" doda "のテンプレートを使用。不動産事務系etc細かく職業で分かれているので、自分の経歴に合ったテンプレートを使用できる!

 

元々文章力には自信がないんですが、結構良い文章が作れちゃうんです(笑)

 

そこから、実際に作った職務経歴書やら履歴書やらを他の登録している転職サイトにも転用!

 

これで応募やスカウトの幅が広がりました!(求人情報で、少しでも気になるものがあれば" 気になる "ボタンを押しておくと、企業から応募しませんかと連絡が来ることが。)応募企業からの面接も何件か入るようになり、、!

 

最終決まった会社は、エージェントは通さず、

バイリンガル人材向けの daijobという転職サイトで上で応募。作成した自己PRを流用してすぐに、いつものマインドで、「どうせ落ちるだろうと思いながら」応募したところ、予想外に連絡が来ました。

 

新卒で海外支店がある会社に勢いで応募し、勤めたものの、「いつか海外に派遣されたいな」

なんて思って、日本語のみで仕事する毎日を送る自分に疑問を持っていました。学生時代の台湾の大学へ交換留学に行って帰国してからずっと、

「海外でいつかは働きたいな〜」「国際的な環境で働きたいな〜」それがずっと頭にあったのが今回の転職のきっかけです、、。

 

コロナによって職がないって言われる状況になったり、なかなか自分の理想と離れた環境に居心地を感じてから自分もいて、本気で転職に踏みに切るまで結構時間がかかりましたが、

 

「このままだいいのかな」っていう自分と、「このまま結局この仕事続けるのかな」、「結構この生活もありなのかもな」っていう自分。

 

頭の中で戦っていました(笑)

 

ですが、、、" 頭の奥底で確信していたこと "は

" 理想の自分と離れてってる "ということ、、。

 

それから社会人2年目に入り、

「自分の人生変えるなら絶対早い方がいい!」と本格的に転職活動を始めました。

 

とりあえず、後悔しないように、

自分が納得する仕事を選ぶようにしたんです、、。

 

私にとって次に就く仕事は、

" 必ず英語を使う(読み書きのみでの使用ではなく、

コミュニケーションも英語で取ったりするのが

ベスト)"と決め、必ずそこはブレないようにしました。

 

転職活動をしてみて、

「人生って、本当に自分次第かもな」って改めて思いました。「自分の人生は、自分が変えるしかないんだな」って、、。

 

あとは、タイミング!?

" 自分がGOと思った時に、全力でGOするのが1番 " だと思いました!思い立ったが吉日!

運はそういった時についてくると、私は思います!もちろん、持論です。(笑)

 

次の会社は、日本語で書かれた求人でしたが、

一次面接と最終面接は本社の外国人で、英語での面接で通過し、結果、そういった過程も、自分にとってとても自信になりました。

 

まあ、実を言うと、全部オンライン面接だったので、

(日系の企業はどこも、最終面接は、交通費負担(片道負担のみの場合あり)するので会社で面接したいですとのことでした。)

自己PRとかも紙に書いて下に置いて、

画面には映らないようにカンペ風にできちゃうんですが、、(笑)

どんな方法を使っても、自分をアピールしていただけた採用には間違いないので、問題なし!!(笑)

 

実際、転職活動が成功した今、とてもスッキリしています!辞職もスムーズにいき、辞める前は「いつのタイミングがいいのかな、、」「迷惑かけちゃうかな」なんて思ってましたが、もう、転職活動が進めば進むほど、次のステップに向かってる自分がいて、勢いがついちゃいました!(笑)

 

さらに、思ってたよりも数倍、周りの人の中にも、転職してる人はいて、「人生色々だしね!エネルギーがある時に動くのいいと思う!」と応援してくれるので、" 辞めたら逃げになるよな "と思っていた自分が少し楽になりました。

 

もちろん、コロコロ仕事を変えたりすることも、自分てただ忍耐力がないのかもとか、仕事の全体が見える前に終わっちゃったなどなど、デメリットもあると思いますが、

 

たまたま外資系の企業で働くチャンスをいただけたので、外資系特有?の" 転職によってキャリアアップが図りやすい "だとか、" 年収は交渉 "

(実際に今回の企業は年収交渉でした、、。)

だとか、そんなことも知ったので、

 

まだ働いてないのでよくわかりませんが、成果主義と言われる外資系の企業で、クビにならず上手く" より沢山のお金を稼げるようになりたい "と切実に思います。(笑)

  

転職活動、すごいエネルギー消費しましたが、

新しいスタートとても楽しみです!

 

以上、ご報告でした!

 

 

✨こちらもぜひ✨

私たち国際派GirlsはPodcastもやっています!

anchor.fm

Instagram、Twitterもフォローしてくれたらうれしいです!ブログの更新情報が最新で見れます🤗

⏺️Instagram

https://www.instagram.com/wannatravel_ayako_eri

⏺️Twitter

国際派GIRLsのディープな話 (@wannatrave1) | Twitter